パワーアップとは

同じモンスターを重ね合わせることで能力を底上げできるシステム。
高ランクのモンスター単体よりも低ランクでパワーアップさせたのモンスターのほうがステータスは高い。
最大レベルまで上げてからパワーアップさせたほうが能力ボーナスが増える。

とくぎについて

低確率ではあるが、とくぎが強化される(+値が増える)ことがある。
覚えていないとだめ。

パワーアップのボーナス値

パワーアップ後のモンスターは、以下の数値を足してLv1になります。

合成するモンスターの最大ステータスを、それぞれ50で割った数値(小数以下切り上げ)
素材となるモンスターの最大ステータスを、それぞれ50で割った数値(小数以下切り上げ)
そのため、高レベルのモンスター同士を使ってパワーアップさせたほうが強くなります。

ボーナス例1

HPMP攻撃防御素早さ賢さ
49505199100102
パワーアップ時のボーナス
112223

ボーナス例2

全てのステータスが50以下の最大レベルのスライムとスライムでパワーアップさせたとき、
すべてのステータス+2のボーナスだけが乗ります。

もしすべてのステータスが51のスライムが2体いたとして、
この2体をパワーアップ合成させるとき得られるボーナスは
合成元スライムのボーナス2、素材スライムのボーナス2で
すべてのステータス+4のスライムができます。

パワーアップ考察

初めに★と☆の違いを次のように定義する。
☆2 ←☆1x☆0
★2 ←☆1x☆1と重ねた場合

★3x★3の16体パワーアップが、理論的には最高モンスターが生まれる。
ただ、元になるステータスに依存するため、実際のところどうなのか?
これを検証交えて考察した結果、いくつか分かった事がある。

次の検証は「50で割って切り上げ」がパワーアップで得られるボーナスとして
確認しています。

1.元になるステータスが50の倍数+1から44の倍数の間は何をやっても
  「☆3×☆0」と変わらない境界がみえた。

素直に☆3×☆0しましょうゾーン
1-44
51-88
101-132
151-176
201-220
251-264
301-308
351-352

2.次に、「☆3×☆0」と「★3×☆3」の差(仮に恩恵値と呼称)について検証したが
  元になるステータスが一定値(395)までは1~3を繰り返す事が分かった。
  以下にパターンの出し方を記す。

星3x☆3時の恩恵値を知る方法
星3の作成ルートもパターンが分かれる

元になるステータス=A
(A % 44) / (A / 44)=B
※ %は余り、/は商(少数切り捨て)

Bの値とパワーアップを繰り返す事に因る最大恩恵の関係
Bが2以下→恩恵は1。☆3x☆3でOK
Bが2より上、4以下→恩恵は2。☆2x☆2で★3をつくる。
Bが4より上、6以下→恩恵は3。☆1x☆1で★2をつくる。★2x☆1で★3をつくる。

コメント




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS